健診の代行が必要とされる理由を説明します

会社などで働いている人に対して、1年に1度の健診が義務付けられています。しかし、医療機関との調整などにかかる業務は大きな負担です。時間もかかりますし、受診票の発行や、結果が紙で用意されてくるので管理や分析が難しいという面もあります。さらに、行う場所によって判定基準や検査項目が異なることもあり作業は複雑化していく傾向です。そこで、会社の負担を軽減し、本来の業務に集中できるようにするために代行を行う会社が登場しました。今までの煩雑な業務を委託できることで会社にも大きなメリットがあり、年々利用するところが増えています。ただ便利であるというだけでなく、様々な価値があることでより一層利用が増えているのですが、その理由をこれから丁寧に説明します。

業務の簡略化による効率を上げることができます

年度が新しくなると、どこの会社も仕事が忙しくなります。ただでさえ忙しい中、健診の準備をする部署はさらに仕事量が増えてしまいます。会社によっても異なりますが、多くの場合は人事部などが担当することになるでしょう。会社に来てもらうのか、個人が医療機関に出向くのかという選択も必要ですし、受診票などを発行して医療機関などとの連携もしなければなりません。このような業務は時間がかかるだけでなく、作業の面でも大変です。本来の業務に携わる時間も減るため、残業が増えてしまうということもあるでしょう。代行を利用することで、自分の仕事をきちんとこなせるための時間が確保されます。効率的に仕事ができることに加えて、集中して取り組めるので仕事内容も良くなることが分かります。

データーの管理なども任せられます

健診はどこで受けても同じだと多くの人が思っていますが、実は検査内容が医療機関によって変わっていたり、判定基準や数値が異なることが多いです。おまけに、検査結果は紙に印刷されてくるので、抽出や分析ができないのが現状です。そこで、代行では異なる医療機関でも同じ検査内容、そして判定基準で検査を行うことができます。結果はデーター化されるので、問題点などがあれば一目瞭然で分かりやすいです。予約からデーター管理までしてくれることで、社員の健康管理をスムーズにすることが可能です。受診状況を把握したり、費用は一括で請求してくれるなど手間も大幅に省くことができます。業種によって、特に受けさせたい検査項目なども追加することができ、会社に合った検査も実現できました。

健診対象者数や健診メニュー・オプション項目等の情報に基づきネットワーク健診料金をお見積り致します。 電話での健診予約・問合せは平日9時~17時半(土日祝除く)、メールの場合は24時間対応しています。 年間60万人以上の健康管理をサポートする実績を持ちます。 健診データを利活用したい! 働く女性の健康支援、被扶養者健診等をお任せ下さい。 健診の代行利用ならウェルネス・コミュニケーションズ